ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)

なんとか合格したベテラン浪人生の、それからをリアルタイムで記録します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規ブログ立ち上げのお知らせ

新米の実務家として新たなブログを始めました。


http://hometaro.blog.fc2.com/


受験ブログとは方向性を換えて、(面白くないかもしれないけど)雑多な日常の出来事も書いて行こうと思います。


良かったら、たまに見てやって下さい




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最終回 「ここに地終わり 海始まる その3」

【まえおき】今回で「ベテラン司法書士浪人生 合格への道」は幕を下ろす事にします。


(前回 その2 http://takkuro.blog.fc2.com/blog-entry-95.html のつづきです。)



ここに地終わり 海始まる」は詩の一節で、ある石碑に刻まれている事で有名です。

その石碑は、ユーラシア大陸の西の端っこ、ポルトガルのロカ岬にあります。

800px-Cabo_da_Roca.jpg


これがそうです  まぁ、ポルトガル語なので、全くわかりませんが(笑)

450px-Cabo_da_Roca.jpg


そして、この流れからすると、まるで僕が見てきたかの様ですが、行ったことはありません

しかも、特には行ってみたいとも思ってません。ならば、なんでわざわざブログの最終回に書くのか!?

それは、この石碑が『深夜特急』の最後に出てくるからです。

この小説は30年程前に書かれた作品です。作者がインドからロンドンまで路線バスを乗り継いで旅をした体験を基に書かれた物語で、バックパッカーのバイブル的な存在として有名な作品です。かつて僕もこの小説に影響を受けて旅に出た一人なのです。

51TKZPHT3FL.jpg (全6巻の長編です)

人との出会い、あるいは小説や映画、漫画など、色んなモノに影響を受けながら、僕らは人生を歩んでるんだと思います。『深夜特急』を読んで、20歳のときに飛行機のチケットだけを用意して、後は何も知らすに2週間、タイを旅しました。それを皮切りに、アジア、ヨーロッパを旅して、カナダへ留学するに至りました。もし、この経験がなかったならば、もしかしたら、僕は別の人生を進んでいたのかもしれません。良くも悪くも影響を受けた作品なのです。


旅人として世界を放浪した後、僕は人生その物をさ迷いながら、今にに至ったように思います(^^; 3年ほど会社勤めをした後、司法書士の勉強を始めました。その間、塾の講師をしたり、カツ丼を作ったり、山小屋で働いたり、ときには季節労働者として社会の吹き溜まりの様な場所に居た事もあります。山に登り、海に潜り、川を下り、色んな事をやって来ました。それが僕の強みだと思っています。

世界は限りなく広くて、僕はほんのごく一部に行ったに過ぎないのですが、それでも、その事を知っているのと知らないのとでは、視点が違って来ると思うのです。

司法書士の業界は、とても狭い世界であるとは思います。しかし、だからと言って、自分の考えまで狭くする必要はないのです。それゆえに前回の記事では偏狭な考えを批判したのです。

司法書士として身近な法律家を標榜するのならば、実社会には多種多様な人達が存在するのですから、それに合わせて、それぞれの司法書士としてのスタイルがあるのでしょう。フリーターでも、ニートでも、パチプロでも、どの様なキャリアを歩んで来たとしても、きっと、それを活かす道はあるはずで、その道は正に十人十色であろうと思います。



浪人生としては、試験に合格したことで、完全に勝ち抜けたと自負しています。しかし、今は新たなステージに入り、レベル1からのスタートです。


これからの司法書士としての僕の道は、別のブログに書こうと思っています。

長い間、僕のつたない文章をご覧頂き、本当にありがとう御座いました。


浪人生の方は、合格した後、実務家として、どこかでお会い出来れば嬉しいなと思います。昨年の今頃は、全く先の見えない日々を過ごしていました。折に触れて、このブログでも書きましたが、「どうやったら受かるのか、わからない」 「本当に受かるのか」って気持ちは常に心の中にありました。でも、なんとか受かりました。やるべきことを、やり続ければ、結果は出ます。それが容易ではないとは思いますが。



同期の皆は、お互い、頑張って行きましょう。人生で最後の同期は、ライバルであり、仲間でもあると、心から思っています。半年後、一年後、あるいは数年後、それぞれに成長して再開しましょう






p.s. 綺麗に閉めてみましたが、また直ぐに会う人も居るとは思います(笑)




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

エピローグ 「ここに地終わり 海始まる」 その2

前回、その1(http://takkuro.blog.fc2.com/blog-entry-93.html)の続きです。


同期の中でも、結構、多くの人達が既に司法書士登録をして活躍してると思います。別に統計を取ってた訳じゃないから、正確な数はわかりませんが、たぶん少なくとも2割ぐらいの方は既に登録してるんじゃないかなと思います。まぁ、名簿を見ながら、本気で数えたら、かなり正確な数字は出せるのですが、暇じゃないんで、そんな事はしません(^^;

中には、研修中から登録していた人や、これから即独立される方もいるでしょう。もちろん、早く活躍するのは立派ですし、率直に羨ましいとも思います。ちなみに、僕はとりあえず補助者登録をします。

研修中に、なんとなく感じたのですが、早く登録したり、独立する人が偉い、みたいな風潮があると思います。ときには、はっきりと言われた事もあります。

しかし、そんな考えは、偏狭であると言わざるを得ません。

「偏狭」 自分だけの狭い考えにとらわれること。度量の小さいこと。また、そのさま。狭量。「―な考え方」「―な性格

(念のために申し上げますが、僕が非難しているのは、当然、司法書士登録や独立ではなく、それが偉いと思ってる事です。)

新人研修の期間を通じて、つくづく思ったのは、多種多様な人達が、それぞれの経路で、ここへ至ったのだなって事です。さながら旅人達が困難な旅路を経て、ひとつの街へ一時集まってきた、そんな印象でした。

そして、束の間、一堂に会した旅人達は、再び、それぞれの道へと進んで行った訳です。

別にどっちへ行こうが、行くまいが、そんな事は人の勝手で、人それぞれでしょう。どこへ行けば何があるのか、そんな事は誰にも断言は出来ないのです。

加えて、ここまで言うと、論点がぼやけますが、人の価値観は多様です。華々しく活躍すること=成功、でもないでしょう。ただ、その各人の価値観を実現しうる可能性があるのが、司法書士の資格なんじゃないかなと思っています。


つづく




p.s. 新人研修は、今週末の単位会(兵庫県会)の研修で終わりです。予定通り、このブログも、そろそろ幕を下ろします。





ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

エピローグ 「ここに地終わり 海始まる」 その1

ついに特別研修が終わりました。長いな~と思ってたけど、振り返ってみると、あっという間だった気もします。

一応、まだあと2回、兵庫県会の新人研修は残ってますが、気持ち的にも、実質的にも、研修は終わったようなもんです。

一年程前は、さながら世捨て人の如き生活を送っていた僕ですが、合格してかららは、生活が激変しました。各予備校の合格祝賀会を皮切りに、近畿ブロック、中央研修、特別研修と、一連の時間の中で、多くの同期の方々と出会うことが出来ました。

僕は自他共に認めるマイペースに生きる人間でして、それゆえに、ちゃんと馴染めるのかなって不安もありました(^^;
しかしながら、結果としては、同期の仲間っていう気軽さも有り、皆、とても気さくに接してくれ、多くの友達が出来ました。

研修の最終日には、涙ながらに別れを惜しんでいる人達もいて、いい大人達がこうした時を過ごせるのは、率直に素敵なことだと思いました。





ところで、以前にも少し触れましたが、僕はこの研修期間を通じて、なるべく多くの同期と知り合う事を、ひとつの目標として考えていました。「横のつながりが、これから司法書士として生きていく上で大切である」って事は研修委員の先生方も仰っていた事です。そういう観点から言えば、自分の利益になりそうな人に対してのみ、フレンドリーに愛想よく接するって態度は合理的な事ではあると思います。そういう行動をする人を批判するつもりはありません。まぁ、面と向かってに邪険にされたら、多少ムッとはしますが。


そういうわけで、清廉潔白を信条とする僕は、誰に対しても態度を変えることなく、皆さんと仲良くさせて頂きました

・・・・などという事をヌケヌケと申し上げるつもりは御座いません(笑)

僕は単純に、そんな器用な行動が出来ないだけの事です(^^; それと根底に、一期一会を大切にするっていう旅人の精神があるからだと思います。

その様な内心はさておきまして、僕は研修の半ばぐらいから、ここは司法書士業界の縮図なのではと、なんとなく考えていました(顧客や他士業との関係の中でしか存在しえない、って点は本考察においては無視です)。つまり、現在、全国に2万に程いる司法書士は、過去何十年に及ぶ、各年の合格者の積み重ねで、これからも積み重なって行くと考えれば、同期はそれを輪切りにした断面図みたいなものだと思ったのです。

そこで感じたのですが、自分の利益になりそうな人に対して愛想よく出来る人は、きっとこの狭い業界で上手いことやっていくのだろうと思いました。また、そういう方向で考えれば、僕の様なニブイ奴が、同じ土俵で戦っても勝ち目はないでしょう。ですから、業界の片隅でなんとか細々と生きながらえて行きたいと願っております


なんてつもりも、更々、御座いません(笑)




長くなったので、今回はこの辺で。めっちゃ、中途半端ですが、明日も朝が早いので




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

登記申請書

特別研修も、残り3回となりました。ヤレヤレって気もしますし、なんか寂しいような気もします。

一番、心残りなのは・・・・天満を堪能しつくせて無い事(笑)

近畿地区のブロック研修の後期および特別研修はJR環状線の天満駅から徒歩5分程の場所でやります。

この辺りには、安くて・面白くて・美味しい、いかにも大阪的な飲食店が沢山あります。

そのことに、段々と気が付いてきて、結果、研修の後に、毎回、食べ歩いている今日この頃(^^)

事務所の先輩が、この辺りの事情に詳しく、良い店をどんどん教えてくれるのですが・・・・研修はあと3回

行き尽くせてない訳です(^^;  

とはいえ、三ノ宮ー大阪間は30分もあれば移動できるので、行こうと思えばすぐに行けるのですが

そういう訳で、近畿圏の方は天満での食べ歩きを楽しみにして、合格を目指してもらえばと思います。


それは、さておきまして、タイトルの登記申請の話ですが、以前にもお話したとおり、僕は幸か不幸か、一番スケジュールが厳しい2月の頭に就職が決まり、働き始めています。ぼちぼちと申請書を作らしてもらったりしてますが、登記申請用のソフトがありまして、こいつの仕組みを理解するところが、まずはスタートです。まぁ、やってるうちに、なんとなく出来る様になるのかなと思いますが、それはともかく・・・

雛形をあんまり覚えてないことに驚きます(^^; 所有権保存登記って、どんなんやったかなとか

ちなみに今日は根抵当権の順位変更をやりましたが、あんなの、ホンマに有るんやな~と思いました。

てっきり受験勉強専用の知識やと思ってましたから、なんか嬉しかったです




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ホーム・タロー

Author:ホーム・タロー
H25 31/31 56.5 ☆合格
H24 26/30  足きり
H23 29/26 33.5   
H22 28/27 40.0   
H21 31/28 32.0   
H20 25/25  足きり    
H19 20/19  足きり

H21 行書合格


7回目の受験でようやく合格しました。最終的には上位の点数で合格してますが、全く優秀な受験生ではありませんでした。H25年度においても、模試でD判定をとりました(^^; それでも挫けずに努力を続ければ、なんとかなるっていう話を現在進行形で書いています。

挫けそうなベテラン浪人生の方は、過去の記事をご覧になり、こんなやつでも、なんとか受かるって事を知って頂ければと思います(^^)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

浪人時代 (47)
答練 (3)
合格後 (26)

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも一覧


流れるような一日を(旧)

司法書士ショシ・ヨークの成功とは何か

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

相互リンク受け付けております FC2以外の方は、コメント欄へ

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。