ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)

なんとか合格したベテラン浪人生の、それからをリアルタイムで記録します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回 ベテランの受験生へ

このブログは2年前に、ベテランの受験生であった僕が、合格への軌跡を記録するという趣旨で書き始めました。
今年度、なんとか合格に至ったので、とりあえずの役目は終えたのかなと思います。

今後、研修やその後については、気が向けば書いてみます。いずれにしろ、閉鎖したりはせずに置いておくつもりです。特に嫌なことがあった訳でもないですし。終始、至って平和なブログでしたから(^^)

『来年受験する方へ向けて』、その1、その2と記事を書きましたが、今回は最もお伝えしたいベテラン受験生の方へ向けてです。 (大体、基準点前後を本試験で得点されていて、かつ受験回数が多い方に向けてです。)


・メンタルについて

平成19年から7度の試験の中で22年から25年の間はかなり苦しい期間でした。もちろん、ずっと苦しかったのですが、この4年間は「本当に受かるのか?」という不安を抱え、終わりの無い道をさ迷っているような感覚がありました。そんなものは打ち払うべく、前を向いて勉強を続けて来た訳ですが、懐疑心が常に頭の隅にありました。

不安の中で自分に言い聞かせていた言葉がこれです。「夢は諦めなければ必ず叶うって言葉は省略しすぎだ。これじゃまるで単に信じていれば夢が叶うみたいだ。正確には夢は諦めずに努力を続ければ、それなりに叶うだ。」 (漫画『宇宙兄弟』に出てくる台詞ですが、手元にないので少し間違ってるかもしれません) 

ここで、まず忘れてはいけないのは、司法書士試験は普通の人間でも、頑張れば受かるって事です。ノーベル賞とかオリンピックのメダルとかなら、頑張っても普通の人には無理でしょう。そんな偉業とは訳が違うのです。

そして努力を続けるって事です。毎日過去問を100問解き続ける・・・なんて言いません。まぁ、6月とかの直前期ならば這ってでもヤレってとこでしょうが、それ以外の時期なら、しんどいときは出来る限りで良いので努力を続けて下さい。


・模試、答練について

筆記の合格発表後、ある程度は処分したのですが、模試の成績が残ってました。2013年6月のW全国模試です。午前/午後 21/19 不登/商登 30/16 です。総合順位も890位(1100人中) ちなみに辰巳の模試は、一応、B判定でした。辰巳の問題は、比較的、本試験のレベルに近いと思います。

ただ僕が言いたいのは、どの模試が良いとかいう事より、そもそも模試や答練なんか、どうでもいいって事です。模試の成績と本試験の結果は無関係である、とは言いません。少なくとも僕の場合においては、関係が無かったってことは間違いがありません。特にWやLの模試・答練では、まともな成績を取った事はほとんど無いです。予備校の都合で、本試験とはかけ離れたレベルになっていると思います。 ですから自分がしっかり勉強をしているのならば、模試(WやLに限る)の成績は無視するべきです

ただし、本試験の練習としては有効であったことは間違いないです。今年度は答練は取らず、辰巳とWの模試を取っただけなのですが、これは過去において毎年答練を受講して来たので、もう良いだろうという判断によります。また答練を受講しないことにより勉強のスケジュールに余裕が出来るという事もありました。そして最大の理由は何かを変えなければ、また同じように不合格になるのではという気持ちによります。

結果として、答練についやした時間は過去問に回ることになり、択一の得点に反映される事になりました。一概に答練が不要であるとは言い切れませんが、本当に必要なのか否か、その判断をまずして下さい。


・記述について

今年度、合格できた一番の決め手は、やはり記述です。一般には、まず択一でなるべく得点し記述は足きりを超える事を目標にする、という戦略が提唱されると思います。初学者ならば、たぶんそれで良いのでしょう。しかし、記述は恐ろしいもので、運・不運に左右されがちです。不運にもベテランとなった方ならば、足きりなんかではなく、30点を取る事を目標にして下さい。不登・商登ともに30点ならば、足きりなんか関係ありません。択一が壊滅しない限りは合格です。

僕は今年度、記述で勝つという戦略を立てて本試験に望みました。実際の感じは試験直後の記事にも書いてますが、時間を使ってでも、しっかり記述を解く事を意識していました。そうすると、午後の択一は結構な高速で解く事になりますが、マイナー科目のしっかりした知識が鍵になりました。たぶん1問当たり平均90秒以内で解いて、民訴で1問落としでした。



終わりに

長いトンネルを歩いてるような気持ちで勉強を続けてきました。恐らくそういうベテランの方は大勢いらっしゃると思います。実際の知り合いにも何人かいます。辛いかもしれませんが、勉強を続けられるって事は幸せでもあると思います。断念される方もいるのですから。

自分を励ますためにブログを書いてきた訳ですが、晴れて合格に至りましたので最後に来年受験されるベテランの方へエールを込めて記事を書きました。

合格を目指すのならば、とにかく一歩でも前へ進んでください。その先にゴールはあります。






にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ホーム・タロー

Author:ホーム・タロー
H25 31/31 56.5 ☆合格
H24 26/30  足きり
H23 29/26 33.5   
H22 28/27 40.0   
H21 31/28 32.0   
H20 25/25  足きり    
H19 20/19  足きり

H21 行書合格


7回目の受験でようやく合格しました。最終的には上位の点数で合格してますが、全く優秀な受験生ではありませんでした。H25年度においても、模試でD判定をとりました(^^; それでも挫けずに努力を続ければ、なんとかなるっていう話を現在進行形で書いています。

挫けそうなベテラン浪人生の方は、過去の記事をご覧になり、こんなやつでも、なんとか受かるって事を知って頂ければと思います(^^)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

浪人時代 (47)
答練 (3)
合格後 (26)

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも一覧


流れるような一日を(旧)

司法書士ショシ・ヨークの成功とは何か

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

相互リンク受け付けております FC2以外の方は、コメント欄へ

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。