ベテラン司法書士浪人生 合格への道  (それから)

なんとか合格したベテラン浪人生の、それからをリアルタイムで記録します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫野先生に会ってきました☆

研修の後に、同期5人と一緒にTACの梅田校へ行って来ました。

僕は神戸で勉強してたので、梅田校は始めてでした。

授業前に講師控え室を訪ねました。

ライブの授業や公演を聞いた事は無かったので、全員、姫野先生と面識はありませんでした。

そんな訳で、突然、見ず知らずの6人組が押しかけてきて、先生は戸惑っておられるようにも感じました。

しかし、よく考えてみれば、それもそのはずで

最初、同期の女の子が代表して挨拶してくれたんです、「皆、先生の講義の受講生でした」


つまり先生にしてみれば、突然、見ず知らずの、かつて受講生だったという奴等に囲まれ、何を言われるんだろうといったところだったのかもしれません。「全然、受からん」って苦情を言いに来たとか(^^; 


ですから、全員が合格者でお礼に来たのだって事がわかってからは、和やかにお話をして下さりました(笑)



それと、驚いたことに、先生は僕のブログをご覧になった事があったようで、タイトルを言ったら、わかってもらえました。先生のブログを見ながら受験勉強を続けてきて、自分でブログを始めるときも真似をしてFC2を利用したのです。だから、これは嬉しかったです(^^)



2011年の不合格から、ブログを書き始めたのですが、そろそろ、心残りもないように思います。既に浪人生ではないのですし、このブログは研修の修了と共に、一旦、終わりにしようと考えています。あと2週間ほどです。




p.s. 最近は、同期達も、読んでくれているので、「もっと更新しろ」とか、「近頃は面白くない」とか、「山へ帰れ」とか、好き勝手を言ってくれます(笑) コメント欄に誹謗中傷を書かれたことは、ほとんどないのですが、その代わりに、直接、散々な事を言われております(^^;

別に広告収入を得ている訳でもなく、そもそも笑いを提供しようなんて思ってないので、面白くなくても、そんなの知った事ではないのです。 Do you understand ? (笑)


ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

生き残る司法書士の条件

スペシャリストからプロフェッショナルへ 生き残る司法書士の条件スペシャリストからプロフェッショナルへ 生き残る司法書士の条件
(2014/01/09)
株式会社コンサルティングファーム 山口 毅

商品詳細を見る



研修も少しづつ終盤が近づいて来ました。

合格前から噂には聞いてましたが、研修後はだいたい飲み会です。

毎日は言いすぎですが(←人によっては本当)、僕もかなりの頻度で行ってます。酒が飲めないのに(笑)



という訳で、今日も研修の後に飲み会でしたが、ブロガー仲間3人を中心に集まってみました。

その3人とは、元有名ブロガーの遊々さん、ブロ友の坂根さん、アホの玉出鈍平(http://blog.livedoor.jp/leckyoto/

そこで鈍平が4年に一度の頻度のマトモナ事を言ってました。曰く「研修では、今後の事を考えて、なるべく色んな人達と仲良くなった方が良い。こんな風に、毎日、飲みに行ったり出来る時間は、今を置いて他には無い。この折角の機会にいつも同じ連中で固まってるやつらはアホだ」。

まぁ、アホかどうかはともかく、僕もなるべく色んな人達と接するようにはしてきたので、概ね共感はできます。結果として近畿ブロックの同期の方々の大半の方と面識があります。ただし、当然の帰結ではありますが、誰か特定の人と仲が良くなったりはしてないです。でも、それはこれからの長い司法書士生活の中での事かなと思っています(この点も鈍平と同じ意見でした、残念ながら)。


ちなみに、鈍平は、即独立開業を考えているらしいです。そして、5年後には1000万円を、ちょいちょいと稼ぐそうです・・・


(注)ちょいちょいは誇張です 


でも、確かに彼ならば出来そうな気もしますし、やって欲しいとも思います


ところで、なんでこんなに鈍平の話を書いて来たのか、全ては前フリなのです(笑)

僕は既に司法書士法人で働き始めていますが、差し当たり、独立とかを考えていないです。というか、そんな事はどうでもいいかなと。(もちろん、人の道をどうこう言うつもりは微塵もありませんが)僕としては、どこで働くかよりも、どういう仕事をするかを重視して行きたいと思っています。そのための就職でもあります。

現状は、実務経験ゼロの、ひよっこですが、5年後には時代を創る司法書士に近づいていたいと思っています。漠然としすぎで、具体的な目標とかを立てられないのですが、それでも、口にすら出せない事は、とうてい実現は出来ないと思うので、とりあえず書いてみました。

司法書士の職域が拡がっている今、多様な社会のニーズに応える法律家になることが、生き残る道なのではないかなと思っています。既存のパイの奪い合いってのは、僕の性格にも、能力にも、向いていない気がします。その道で勝負しても、同期を見渡すだけでも、勝ち目はないと思われます。


僕は新たな司法書士の道を創って行きたいと思っています。そして、それが生き残る道かなと。


追記:リンクを這っただけで、本のことに何も触れてません(^^; それは昨日、途中で寝たからです。本のレビューは、改めて書きます。


ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

時は動き出す

いきなり働くことになりました

3月、あるいは4月からでも良いかなと、のんびり考えていたのですが、

なんか急に決まってしまいました。



とりあえず2月までは、バイトですが、昨日から事務所で働き始めました。

そして、初日に偶然にも新年会があり、初日から終電間際の帰宅となりました。

そして、これからは、研修も佳境に入り・・・・



まぁ、大変なのは、間違いないでしょうが、1ヶ月ぐらいなら、なんとかなるでしょう(^^;

しばらく、ボーっとしてたので、ちょっと頑張ってみるのも、良いかなと。

こうして、止まっていた時間は、いきなり激しく動き出したのだと思います。



今日は勤務二日目で、法務局へ行ってきました。そこで、同期に会ったり、山トモの先輩に会ったり、

司法書士としてはアルアルなのでしょうが、なんか嬉しかったです




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

蹴りたい背中

大抵の方はご存知でしょうが、一応、簡単に説明をします。

2004年、当時19歳だった綿矢りさが最年少で芥川賞を取った衝撃の作品です。

蹴りたい背中


僕は、芥川賞や直木賞の作品を特に読もうとは思わないですし、本屋大賞ぐらいしか注目してないです。

ですから、今までこの話題作も読んだことがなかったのですが、ブックオフで安く売ってたので買ってみました。

すると、一行目から凄かったです。まぁ、こんな事は恐らく10年前に言い尽くされた事なのでしょうが、これが天才と言われたゆえんなのかと思いました。

『さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、』  

どこから、こんな言葉が出てくるんでしょうか。ストーリが面白いとかではないですが、とても表現が繊細で、読みやすかったです、短めですし。大人になった作者がどんな作品を書いているのか、最近のも読んでみようかなと思いました。


ところで、明日からはいよいよ、特別研修が始まります 

この研修を欠席・遅刻なく修了して、認定考査に受からないと、簡裁代理権がもらえません。この研修では、要件事実という、これまでの純粋な法律の勉強とは次元の異なる内容を習得しなければなりません。ですから本来ならば、小説を読んでる場合ではなく、専門書で予習しておくべきなのでしょうが・・・・


ちなみに、これも今さらなのでしょうが、綿矢りさ、かわいいですね、知らなかった(^^;


ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

お守り

多くの受験生がお守りを持っていると思います。僕も一応は持ってました。でも、あまり、あてにはしてませんでした。


神社のお守りよりも、僕にとってのお守りは、長い事、共に戦ってくれた、モノたちです。



過去問や、テキスト、六法、など。特に、ボロボロになった筆箱、半泣きで答案を書いたボールペン、そういったモノが僕にとってのお守りです。


しらまやま 016



また、神社に行けば、お参りはします。しかし、受験時代、僕にとっての神様はトイレの神様だったと思います。用益物権の登記事項とか、根抵当権の元本確定事項とか、うっかりするとすぐに忘れてしまいそうな事をトイレに貼っていました。


昨年末の大掃除で剥がす前に、トイレの神様に感謝して写真に撮っておきました。


トイレの神様




モノの話をもう少し


お正月に、おばあちゃんに合格の報告をしました。合格証書を見せると、涙を浮かべながら、喜んでくれました。長い時間、心配をかけて申し訳ないなと、思いました。でも、合格証書なんか、ただの紙ですから、僕は特に思い入れのあるモノではありません。一応、TACの祝賀会でもらった額に入れて保管はしてますが。


それよりも、僕にとって意味のあるものは、合格祝いでもらったモノたちです。別に物でなくても、メールとか、年賀状でお祝いの言葉をくれるだけでも、十分、ありがたい事です。




しらまやま 014


そんな価値観で、そして、山、川、海といった自然が好きなので、【八百万(やおろず)の神】をテーマとする、「千と千尋の神隠し」がジブリ作品の中で3番目に好きなんです。


最終的に、何が言いたいのか、よく分からなくなってきました(^^;


明日も研修ですから、もう、寝ます。




ブログランキング 応援のポチをお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ホーム・タロー

Author:ホーム・タロー
H25 31/31 56.5 ☆合格
H24 26/30  足きり
H23 29/26 33.5   
H22 28/27 40.0   
H21 31/28 32.0   
H20 25/25  足きり    
H19 20/19  足きり

H21 行書合格


7回目の受験でようやく合格しました。最終的には上位の点数で合格してますが、全く優秀な受験生ではありませんでした。H25年度においても、模試でD判定をとりました(^^; それでも挫けずに努力を続ければ、なんとかなるっていう話を現在進行形で書いています。

挫けそうなベテラン浪人生の方は、過去の記事をご覧になり、こんなやつでも、なんとか受かるって事を知って頂ければと思います(^^)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

浪人時代 (47)
答練 (3)
合格後 (26)

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも一覧


流れるような一日を(旧)

司法書士ショシ・ヨークの成功とは何か

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

相互リンク受け付けております FC2以外の方は、コメント欄へ

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。